陰でどんな謗りを受けようとも

陰で人を褒める自分でいる

つとめ励むことで

相手と自分を

信じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください